<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 16日

八百卯、閉店



『-----とうとう私は二条の方へ寺町を下り、そこの果物屋で足を留めた。
ここでちょっとその果物屋を紹介したいのだが、その果物屋は、
私が知っていた範囲で最も好きな店であった。
(中略)
その日私はいつになくその店で買い物をした。
というのはその店には珍しい檸檬が出ていたのだ。------』

(梶井基次郎『檸檬』より)



先週、寺町通りに用事ができたので、久しぶりに八百卯にも寄ってみたら、
シャッターが閉められていて、ひとつの張り紙がしてあった。なんだか嫌な予感がした。


e0023715_21101035.jpg




自分が一等好きな小説の要の舞台といえる八百卯は、私にとっても、とても大きな場所だった。
そもそも昭和初期の小説に登場している果物屋が、いまも存在している、
梶井基次郎の生きた時代と確かに繋がっている。なんて、ロマンのようなものを感ぜざるを得なかったからだ。


去年の冬に、初めて八百卯を訪れたとき、(ここで梶井基次郎が檸檬を買ったのだ。)と、
すごくドキドキ興奮して、自分も檸檬を買った。

夏には二階のパーラーで、フルーツパッフェを食べたっけ。美味しかったなあ。

閉店したのは1月25日と書いてある。私が行ったのは2月14日。
閉まる前に、もう一度行きたかった。



でも、この時代まで八百卯が残っていてくれて、
閉店するまでに行くことが出来て、本当によかった。そう思うと幸せだったんやなあ。
『檸檬』はこれからもずっとずっと読み続けられ、愛され続けるに違いないから。



e0023715_21325437.jpg
                                        (2008年1月撮影)
[PR]

by niju-mal | 2009-02-16 21:33 | 日常
2009年 02月 16日

今日のしごと


e0023715_20494413.jpg


昔の版画絵のトレース。
誰かが描いた絵の線をなぞって描くって、複雑な気分。でも勉強になる。
これが「木象嵌」というかたちで、世に出て行くものになるそうだ。

そういえば小さい頃は、トレーシングペーパー=夢の紙だったよなあ。
好きな少女漫画とか、片っ端から写し描きして、酔いしれてたっけ。
[PR]

by niju-mal | 2009-02-16 20:57 | 日常
2009年 02月 08日

!?



>>Yahoo!の検索で、検索ワード:『日常の丁寧を感じるブログ』で検索すると、
このブログが一番目にヒットしている件




文章に使っているいくつかの言葉でヒットしたんだろうけど・・・びっくり。(アクセス解析で知りました。)

『日常の丁寧を感じるブログ』で検索して来訪してくれた方、あなたの期待を裏切ったブログですいません(^^;)
[PR]

by niju-mal | 2009-02-08 21:12 | 日常
2009年 02月 08日

京都の春を探しに


2009/02/08(Sun.)


いつもなら昼過ぎまで寝ている休日に、早起きして、ぴょん子と京都散策に出かけた。
贅沢にお寿司ランチをして、優雅に京都御所へ(初!)。


御所は、静かさと冴え返りがとても気持ちのよいところ。広々良いねえ。
砂利をジャリジャリして、久々の長閑さを満喫。


e0023715_1921250.jpg

e0023715_19261244.jpg

梅も咲き始めてたよ。蕾もマルっこくて可愛らしかった。


植物って、きっと何よりも誰よりも早く、春の訪れを感じるんだ。
それを観て人間は春を感じる事ができるんだな、きっと。あざーす(^^)◎
[PR]

by niju-mal | 2009-02-08 19:28 | 日常
2009年 02月 02日

flowers










こんな音楽をずっと聴きながらずっと絵を描きたい。うんそうしよう。



---nujabes
[PR]

by niju-mal | 2009-02-02 20:54 | 日常