2007年 11月 05日

(キラ/キラ)



☆しのちんのライヴに行く身支度をしていると、外から、どどどど。ぱらぱらぱら。と音が聞こえてきて、
嗚呼、タマビのゲーサイのラストを飾る打ち上げ花火の音だとすぐにわかって、
少しためらってから、マンションの外の踊り場に出た。
秋の冷たい夜空に、林の間から煌く色鮮やかな光線。

今年のゲーサイは、行かないことにしていた。
ゲーサイには、しんちゃんとの楽しかった思い出がありすぎるから。
色々思い出すのが怖くて、行かないぞーと決めてたものの、やっぱり花火は綺麗で、ついつい見入ってしまった。

最後にドーーンと、一等大きな花火が打ち上げられて、
オレンジ色にキラキラ瞬きながら、ゆっくりと美しく消えていった。
なんだかしんちゃんみたいだなあ、と思った。ホロリ。
見てたかのう。きっと見てただろう。



☆国立の地球屋というライヴハウス(というよりは、オシャレなカフェバー?)に向かう。
しのちんのバンド、うらまぶたを見に行くのだ。入り口に彼女が可愛く立ってて、思わずハグする。
地球屋は煙草とお酒とラヴ&ピースがよく似合う空間。
薄暗くてまったりしたリズムのBGMが流れている。
久しぶりに聴く彼女のうたごえは、懐かしくて綺麗で優しかった。心地よい空気が漂ってくる。

彼女は唄うとき、いつも笑顔で楽しそうで、歌を唄うのが大好き!ってきもちが溢れ出してキラキラしている。
そんな彼女を見ながら、私も描くのが大好き!って、そういう気持ちで絵を描きたいって思った。
一番大事なことだよね。

それにしても、しのちんはやっぱり唄がうまい。すこしハスキーなところが魅力的。
それでいて、澄み切っていて芯がある。
文章でなんて言っていいかわからないけど、彼女のコア、ここにありってかんじで。かっこいい!!

演奏が終わって、しのちんとはなした。
しんちゃん(←最近登場しすぎ 汗)も大好きだった彼女と彼女の歌。
ホロリ。きっと一緒に聴いてたよね(^^)。

シノパワ、確かにいっぱいもらって帰りました!ワーイワーイ☆本当にありがとう◎
しのちゃん、だいすきだーーー◎◎◎


e0023715_10223863.jpg←■shino&saya。(クリックしても拡大されません 笑)
[PR]

by niju-mal | 2007-11-05 10:24 | 日常


<< 今日の彼ら      ◎シノパワ◎ >>