2005年 08月 14日

独り晩酌の悲劇

今日は昨日と同じく誰とも遊ぶ、会う約束がなかったので、昼からひとりで買い物に出かけた。
夕方には買い物もおわり帰宅。なんだかわびしくなったので、今夜はひとりで飲もう!と思い、
コンビニでたくさんのおつまみとビールを1缶買って独り飲み会をスタートさせた。
ビールを冷たく冷やしてグラスに注ぎ、クーラーのきいた涼しい部屋でテレヴィをみる。
おつまみも美味しいし、ビールも五臓六腑に染み渡る。素敵だなぁとひしひしと幸せ。
いつも悪酔いするビールも、今日は全く気持ち悪くならず、ラッキーと思っていた。
思っていた。
飲み会も終わり、やっぱり少しフラフラするなーと鏡を見たら、顔が真っ赤。
ありゃ〜と思い、温かい緑茶が飲みたく成ったので、お湯を湧かす。
と、突然ものすごい吐き気と腹痛に襲われる。あまりの衝撃に耐えられず、そのまま台所に倒れた。
倒れてから数十分後、目が覚めて、フラフラ立ち上がる。

なんだか無性にさびしくなった。1人でこんなうかうかしたり、苦しんだり。
だれも知らない。
温かい緑茶は、ただただ、おいしかった。
[PR]

by niju-mal | 2005-08-14 21:39 | 日常


<< コンペに落ちた日      個性際立つOLになりたい >>