2006年 05月 27日

テレバイダー

というテレビ番組があった。ブラックユーモアをふんだんに盛り込んだ、シュールなニュース番組で、
例えると、ウゴウゴルーガの大人版みたいな。大好きだったけど、3年前に突然打ち切りになってしまった。
毎週土曜日、22時からの生放送で、その日の同じ時間帯の他の番組の中継とかもやっていた。

「えー、ただいま入りました速報です、6チャンネルの、ブロードキャスターですが、
始まって21分が経ちましたが、福留さんがまだ一言もしゃべっていない模様です。繰り返します…」

金剛地武志が、司会兼ニュースキャスターをしていて、たんたんと、ニュースをシュールな表現で伝えて行く。

「私達テレバイダーは21世紀の東京にあふれる、あらゆる情報を集約し、そしていったん
数値化して、皆様にお届けします。『数字は正義である』数字の中に真実が、真実の中に数字があるのです。」

冒頭で毎回流れる、この言葉が何故か今でもムショーに気に成る。
金剛地武志は、最近色んなバラエティー番組でちょこちょこみかけるようになったが、
あのときの輝きは、もうない。残念だ。
テレバイダーまた復活しないかなぁ。

ホームページはまだ当たり前のように残っている。急に終わったのが、凄くもったいない。
◎テレバイダーHP◎
番組で読み上げられた原稿が、そのまま載っていて、オモロイです。
映像と一緒にみるとサイコーなんだけどなー。ないのが残念。
[PR]

by niju-mal | 2006-05-27 22:38 | 日常


<< ぱぴこ      むかしの写メールの整理 >>