2006年 03月 04日

日常

昨日、職場のロビーで、おじさんが深々と椅子にこしかけて、爆睡しているのをみかけた。
明らかに無呼吸状態だった。横でハラハラ、大丈夫かなぁ、と不安に観察していたら、
「ンググ!」と2、3回、おじさんは呼吸した。そして、また無呼吸の世界へ。
とりあえず、おじさんの表情は穏やかだったので、もう少し観察をすることに。
そしたら、おじさんのケータイが鳴った。「さきちゃんから電話です」「さきちゃんから電話です」
おお、着声だ!その声でおじさんはすぐに起きて、さきちゃんとはなしはじめた。よかった。
[PR]

by niju-mal | 2006-03-04 10:47 | 日常


<< 明日は洗濯日和ですよ〜      如何暴飲暴食 >>