2006年 02月 04日

絵を描く。それと、テニスとか。

今日は絵を描く日。たくさん寝たので、力がみなぎっている。
スケッチブックの表紙に描くドローイングは、やっぱりあまり緊張せず、楽しく描ける。
予備校時代からの、沢山のスケッチブックの表紙は、いい具合に味がでているので、
深みを出すのに最適だ。ていうか、好き。
今日描きあげた絵は、明日額装する予定だ。楽しみだぁ◎ウヘヘ…
こんな寒い日は、外に出ずに、素っピンで、パジャマにタンゼン羽織って、
コーヒー煎れて、コタツに脚突っ込んで、ヌクヌク・ノホノホ絵を描くのに限る。



話は変わるが、私は人の話をよく聞いているふりをして、全く聞いていないらしい。
それを職場の友達(?)から指摘された。そうかなぁ。
でも、たしかに、興味のない話は、ちゃんと頭に入ってないんだ。
あまり興味のない話しを聞いていても、顔にでないもんだから、ちゃんと聞いている
ように、みえるんだろうな。いいのやら、悪いのやら。
どうでもいいような話しの詳細なんかは、よく覚えているのは何故?例えは友達の家の
ベッドの、スプリングマットの厚みとか…謎。



さっきまで、テレヴィで、テニスを見ていた。マリア・シャラポワVSマルチナ・ヒンギス。
テニスに特別興味があるわけではないけども、とてもおもしろかった。
見ながら、(ああ、テニスは将棋に似ているな)、と思っていたら、数分後に、解説の
伊達公子が「テニスは、まさしくチェスのようですね、松岡(修造)さん!!」と
言ったので、ドキっとして、私の見解は、大体合ってるんだな、と思った。
[PR]

by niju-mal | 2006-02-04 16:50 | 細作


<< TOPの絵について      バトンです >>