2006年 01月 11日

メガネ巨人とハイ・タッチ(冬編)

今日はとあるテストを受けに行った。あまり勉強していなかったせいか、はたまた
ただ私がバカなせいか、出来は満足のいくものではなかった。思いっきり凹んだ。
無性にトボトボ帰宅。すぐに橋本駅につく。下向いてふらふら歩いていたら、
前方からなにか大きな奇妙な声が聞こえてきた。
「あ!あのコ知ってる!」

「あ!!あのコ知ってる!!」

「あ!!!あのコ!知ってる!!!」

「あ!!!!あのコ!知ってる!!!!」

なんか変な人がいるなぁ、恐いなぁ。と思って素通りした瞬間、一気に視界がフォーカス。

「あーー!!!あのコ!知ってるーーーー!!!」

またしてもメガネ巨人だったのだ。しかも私を見つけて遠くから叫んでいたらしい。

夏にもこういうことがあった。また唐突に遭遇してしまった。
私は周囲の人の目が恥ずかしくって、キョロキョロ周りを気にしながら、
「今日は靴はいてるんだねー。」と言ったら(夏に遭遇した時、彼はは裸足だったのだ。昔の日記参照)、
ニヤニヤして靴と靴下を脱ぎはじめてしまった。
「そのかわり、ホラ!カイロ入ってんだぜ〜!!!」
と、カイロと素足を掲げた。…うん、わざわざみせてくれて有難う。。!?

またしても、私の鬱蒼とした気持ちはどこかに飛んでいってしまったよ。
一緒にTSUTAYA行って、立ち話をして、いつものようにハイ・タッチをして別れた。
メガネ巨人に会うと、テストの結果なんて、もうどうでもよくなってきたよ。ちっぽけだね。

e0023715_19521211.jpg


メガネ巨人よ、今度はいつ会えるのかねぇ。
[PR]

by niju-mal | 2006-01-11 19:56 | 日常


<< 昔の      小粋なプレゼント >>